鋼の錬金術師の実写化が発表され、キャストも発表されましたが、

巷では『大丈夫?』的な声が多数上がっています。

 

hagaren01

 

実際に私もすごく気になってます。。。

ハガレンってストーリーが、結構シリアスだったりします。

しかも鋼の錬金術師はファンに愛されている漫画ですから

個々のファンには、自分なりのイメージが出来あがってますよね~^^;

 

発表されているキャストは、日本人。

ハガレンの世界は中世ヨーロッパみたいなもんでしょ。

そこに日本人ですから、違和感アリアリ。

 

『進撃の巨人』の実写版もそうですよね。

登場人物は日本人なわけですから、世界観がガラリと変わってしまいます。

 

まずは『鋼の錬金術師』実写化のキャストについてみてみましょう!

 

【スポンサーリンク】




 

鋼の錬金術師キャストは?

エドワード・エルリック:山田涼介
ウィンリィ・ロックベル:本田翼
ロイ・マスタング:ディーン・フジオカ
マース・ヒューズ中佐:佐藤隆太
リザ・ホークアイ中尉:蓮佛美沙子
マリア・ロス少尉:夏菜
グレイシア・ヒューズ:原田夏希
ショウ・タッカー:大泉洋
ドクター・マルコー:國村隼
ハクロ将軍:小日向文世
ラスト:松雪泰子
エンヴィー:本郷奏多
グラトニー:内山信二
コーネロ教主:石丸謙二郎

 

主役のエルリック役にHey! Say! JUMPの山田涼介くん。

ジャニーズファンならたまらないかも。

しかし、ハガレンファンとしては、悲しみの声も。。。

 

マスタング役にNHK『あさが来た』の五代役で女性の心を

わしづかみしたディーン・フジオカさん。

ミッチーこと及川光博さんの声も上がっていたようですが。

というのは、以前原作者の荒川弘さんがマスタング大佐役に

及川光博さんを挙げてらしい。

 

エンヴィー役には本郷奏多さん。

う~ん。どうなんだろう。。。

 

ラスト役の松雪泰子さんやグラトニー役の内山信二さんは

個人的にはまぁ、悪くないかなぁって感じもします。

 

ところで配役を見て気づいた方もいるかと思いますが、

もう一人の主役アルフォンスがいないですよね。

鎧のアルに限ってはCGなんでしょうね。

 

まとめ

鋼の錬金術師のファンにとって、

実写化はイメージとかけ離れている方も多いようで

拒否反応が出ている様子ですが。

 

しかし、新たな鋼の錬金術師ファンになるべく

これから初めてハガレンを知る人たちにとっては

おもしろい映画になるかもしれませんね。

 

実写化キャストには豪華俳優陣が待ち構えていますからね^^
【スポンサーリンク】