鋼の錬金術師の実写化に当たって、キャストが発表されましたが、

何故かキャストにいないはずの及川光博さんの名前が話題になっています。

 

なぜミッチーこと及川光博さんの名前が挙がっているんでしょうか?

 

【スポンサーリンク】




 

原作者荒川弘の一言

鋼の錬金術師の生みの親『荒川弘』さんが

以前言った一言にあるんです。

 

ハガレンの15巻で

もし実写化されるとするならば

『ロイ・マスタング大佐役は及川光博さんしかいない』

と言っていたことから、ファンの間で話題になったようです。

 

発表されたロイ・マスタング大佐はディーン・フジオカさん。

NHK朝の連ドラ『朝が来た』で五代役を務め

今人気急上昇中の俳優さんですよね。

 

マスタング大佐もかっこいいし、

ディーンフジオカさんもかっこいいですからね。

 

ただ、『かっこがいいけどマスタング大佐のイメージではない』

という意見もあるようです。

 

原作ファンからすれば、マスタングはミッチーか?

 

マンガの実写化には必ずイメージというものがあります。

だから実写化は難しいと言われる由縁の一つ。

 

ただ原作者がイメージし、それを口頭に出していれば、

ファンはなんとなくそのイメージで物語を読み進めている。

 

だから作者・荒川弘さんがイメージした配役に

鋼の錬金術師ファンは及川光博さんと思い込んでいたようです。

 

まとめ

ロイ・マスタング大佐役はディーン・フジオカ。

 

ミッチーはマスタング役の話があったと知っていたのか?

知っていたらキャストが決まりどう思ったのでしょうか?

 

及川光博さんの大佐役も見てみたい気がしますが

フジオカさんの演技に期待しています。

 
【スポンサーリンク】