国民的大人気マンガ「鋼の錬金術師」実写化にあたって、
日本ではネットを中心に批判的ブーイングが起こっていましたが、
海外でも人気のハガレンは、海外ではどう見られているのか
疑問に思う。

 

そこで、実写化が発表された今、海外での反応を調べてみた。
【スポンサーリンク】




ハガレンのキャステイングに疑問の声も

鋼の錬金術師

 

色々調べてみましたが、海外でも鋼の錬金術師の実写化は
あまり評価が良くないようです。

 

一つはオールキャストが日本人だという事。
これは日本人から見た意見と同じで、
西洋が舞台で、原作に出てくるキャラクターも
見るからに日本人ではない。

 

黒髪の登場人物は妥協したとしても
金髪のエドワード・エルリックやリザ・ホークアイなど
無理あるのではと、考えているようです。

 

ハガレンの実写化にあたり、海外からもオファーがあったらしいのですが
もしも実写化の権利をハリウッドが獲得していたなら、どうなっていたのでしょう。
前評判は今より良かったのか?

 

日本でも、海外でも実写化にあたってはどちらも
少なからず批判の声が挙がっていたに違いない。
多くのファンがいる作品ですからね。仕方がない。

 

海外でも人気のある「鋼の錬金術師」

外国人コスプレイヤーの写真も見かけます。
日本人キャストよりはマッチしている感が格段にありますよね。

 

ただ、海外でも実写化の失敗作はある。
ハリウッドなら大丈夫と思いたくなるが、失敗もある。
「ドラゴンボール」のハリウッド版は痛かった。。。

CGならまだ納得いくが、世界観を表現するには実写では難しいですよね。
鋼の錬金術師より難易度は高かった作品じゃないかと思います。
まして悟空が外国人でしょ。

 

スーパーサイヤ人=金髪=外国人は納得ですが。。。
「ドラゴンボール」とは別物の作品になってるじゃん!!
カンフー映画にしか見えない。

 

ハリウッド映画なら全て良いというわけではないという事です。

 

【スポンサーリンク】




監督はジェームスキャメロンの下で働いた監督

実写化の監督が曽利文彦さんというのは救いか。
あの有名な映画「タイタニック」の監督ジェームズ・キャメロンのもとで
CG担当をしていた人物。CG技術には定評があります。
また作品作りにもこだわりを持たれている監督さんですので、
ハガレンの世界観の作り込みには期待が持てそうなんですよ。

この映画のどこかで曽利監督のCG技術が使われているんですね。

 

曽利監督のデビュー作は「ピンポン」
コチラも実写化した映画なんです。
ファンからは高評価を得ている作品です。

 

今回は監督自身もCGをふんだんに使えることから
ファンに満足してもらえる作品作りや
アルフォンスのCGに自信があるようです。

 

アルフォンス1

出典:http://www.hagaren.jp/

まとめ

海外の反応も日本人の評価と大して変わらないようですね。

 

多くのファンを持つマンガだけに、原作の世界感を忠実に
描くのは並大抵のことではいかないと思いますが、
曽利監督も言われているように自信を持って挑まれるとのこと。

 

キャストが、どうのこうのではなく、
鋼の錬金術師の世界観を損なうことなく
いかにストーリー展開させていくか。

 

前評判が悪い作品でも、蓋を返してみれば「良かった!」
という映画もあるので、そこに期待したいですね。
【スポンサーリンク】