鋼の錬金術師のアニメには『無印』と呼ばれるものと、『FA』というのがあります。

hagaren12

 

どう違うのかというと、『無印』は連載中にアニメ化され、漫画の7巻あたりまで

それに付け加え、オリジナルストーリーで展開されているのが『無印』というものです。

 

逆に『FA』は、漫画の連載も終了に近づいた時期に始まったため、

漫画の内容に沿ったアニメとなっています。

無印と重複する部分もあり、FAでは一部省略されているところもあります。

【スポンサーリンク】




 

無印はダークストーリー

hagaren114

出典:http://www.hagaren.jp

2003年に放送がスタートした鋼の錬金術師は、連載途中でのアニメ化の為

途中でオリジナルストーリーで展開することが決まっていたそうです。

 

だから、漫画7巻以降に登場するシン国やブリッグズのキャラは登場しません。

その代りに『無印』には多くのオリジナルキャラが出てきます。

例えば女怪盗サイレーンや偽物のエルリック兄弟など。

ストーリーには関係ありませんが、コレはこれで、面白い回となっています。

 

hagaren13

出典:http://www.hagaren.jp

またホムンクルスは一部はオリジナルで、結末も原作とは全く違うものとなっています。

ホムンクルスは人体錬成の失敗作が元になって生まれた存在であり、

原作とは少し姿や能力も違うんですね。

 

結末に関してはテレビアニメでは語られず、

『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』

見ないと分からないようになっているんです。

 

アニメを見ていた人は、結末が気になりますよね。

う~ん、商売が上手ですね^^

 

『FA』は原作を足早に展開

hagaren15

 

FAはほぼ漫画の連載が終焉を迎えてきたころにはじまったので

無印に比べ原作に沿った内容のストーリーとなっていますが、

原作すべてを収めるために足早の展開だった気がします。

 

登場人物に関しては、無印のは出てこなかったシン国のヤンやシャオメイや

アームストロング少佐の姉・オリヴィエも登場します。

 

またホムンクルスの設定でも、賢者の石を核にして作られた存在であり、

何度死んでも賢者の石の力で蘇ります。ゾンビみたいものです。

しかし生き返るには回数制限があり回数を超えると死んで(消え去って)しまうのです。

 

結末はアニメ版で終了し、ハッピーエンドで締めくくられています。

原作通りというわけには行きませんでしたが、ほぼ原作に沿った

ストーリーとなっています。

 

【スポンサーリンク】




2003年度版『無印』と2009年版『FA』どちらがおすすめ?

hagaren06

出典:http://www.hagaren.jp

これから鋼の錬金術師のアニメを見ようとする人にとって

『どちらが面白くておすすめなのか?』と思われる方が多いようですね。

 

結論から言うと『どちらも見た方がいい』というのが本音。

 

2003年版『鋼の錬金術師』の方が面白いという方も多いですし、

2009年版『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』の方が原作に沿っているので面白いという方もいます。

 

結局、自分が見た個人の感想なので、主観が変わってきます。

一番いいのはマンガ(原作)を読むのがいいのでしょうけど、

アニメはどちらも『違うもの』として見るのが面白いと思いますよ。
【スポンサーリンク】