鋼の錬金術師の実写版の撮影が和歌山県で始まったようです。
しかもロケ地は『和歌山マリーナシティ』が有力との情報です!!

 

wakayamaloca02

出典:http://www.marinacity.com/

 

つい先日、実写映画『鋼の錬金術師』の撮影がイタリアロケで始まったとの情報を獲ましたが
その際、山田涼介さんもイタリア入りしていました。

 

イタリアでのロケ撮影の山田涼介さんの写真です

 

しかし、もう日本へ一時帰国し、和歌山ロケに入っているというのです。
『え!?もう!?』って感じでしょ。
山田涼介ファンの方が無事帰ってきてうれしい!とつぶやいてましたから。

 

wakayamaloca01

出典:http://mickeyclub.seesaa.net/

 

和歌山にもこんなヨーロッパの街並みを再現した場所があったのですね。

 

まるでヨーロッパの街並みに来たかのような風景ですよね。
まぁ、個人的な予想は自然のある場所と思っていましたが、外れてしまったようですね^^;

 

鋼の錬金術師の和歌山ロケの期間は6月20日から30日

wakayamaloca03

 

『鋼の錬金術師』実写化の公式サイトにて、エキストラを募集しているものです。↑

和歌山県某所での撮影期間は6月20日から30日までとあります。

 

この期間中は、鋼の錬金術師の主要キャストがどこかに現れるかもしれません。

エキストラの募集に間に合わなかった人、女性のファンの子はもしかしたら

撮影風景を見られるかもしれませんし、出会えるかもしれませんよ^^

 

ちなみに和歌山マリーナシティでは、

6月21日(火)と27日(月)~30日(木)まで休園日となっています。

 

エキストラじゃなきゃ、撮影風景を見るのは難しいかも。。。

報道陣はシャットアウトしてるんでしょうね。。。
【スポンサーリンク】




ロケ地さえわかれば、コスプレ撮影も可能!

コアなファンともなれば、2017年冬に公開される鋼の錬金術師を見て

ロケ地と撮影場所を見分けられるんじゃないでしょうか。

その情報から、コスプレ撮影も可能でしょう。

 

それが和歌山マリーナシティであれば、どの場所か見当が付きやすい。

コスプレイヤーでなくとも、山田涼介さんのファンや本田翼さんのファン、

ディーン・フジオカさんのファンでも同じ場所での撮影も可能かもしれません。

 

そうなれば、ファンにとってはうれしい話になるので、

ロケ地めぐりについては、実写化が成功するしないは、あまり関係ないし、

もちろん良い作品になれば、それに越したことはない。
【スポンサーリンク】




和歌山マリーナシティの情報

wakayamaloca04

 

■住所:和歌山県和歌山市毛見1527

■営業時間:平日 10:00~17:00  土・日 10:00~18:00

■入園料:

・スタンダードパス(乗物乗り放題):大人 2700円 小人(3歳~小学生) 2300円

・ゴールドパス(乗物乗り放題+イベント楽しみ放題):大人 4500円 小人(3歳~小学生) 4100円

・プレミアムパス(乗物乗り放題+イベント楽しみ放題+ショー楽しみ放題):大人 5000円 小人(3歳~小学生) 4600円

■駐車場 :1日1000円 3500台駐車可能

■アクセス  車:阪和自動車道海南ICから約10分 電車:JR海南駅からバスで約15分

 

wakayamaloca05

 

遊園地のあるポルトヨーロッパや海の幸が堪能できる黒潮市場。

中世地中海の街並みが展望できる和歌山マリーナシティホテル。

その他海釣り公園や天然温泉の紀州黒潮温泉が楽しめる施設がいっぱいです。
【スポンサーリンク】